東京都世田谷区を中心に、
産前産後支援やおでかけひろば事業を運営している「NPO法人子育て支援グループamigo」が
東京都保健福祉局「子供が輝く東京・応援事業」の助成を受けて実施するプログラムです。

何でもない声かけが行き交う町
みんなの思いやりや優しさは自然に行き交う景色
手伝って欲しいことを素直にお願いできる景色
自分の人生を思いっきり生きる姿があふれる景色

2019.0519

【当日レポート】聴覚のハンディを超えて、集うひととき
【当日レポート】聴覚のハンディを超えて、集うひととき

【当日レポート】聴覚のハンディを超えて、集うひととき

arTeaTreaTは、「art:表現すること、eat:味わうこと・いただくこと、treat:手当て・労わること」の3つをテーマにイベントやワークショップを通じて、病気や障がいを持つお子さんとその家族が、同じ地域に暮らす人と一緒に居心地がよくご機嫌な日々を創っていくためのプロジェクトです。
第三回目のイベント『おでかけひろばULALA』です。

今回のレポートは、トリートセクションを中心にお届け。
という訳で、arTeaTreTはたくさんの人のartとeatとtreatを繋げて行きますよ〜。

初めての顔あわせ、ご挨拶からスタート

イベントでは初めて会う人も多いので、みんなでのご挨拶からスタートしました。
初めて会う人ばかり、自分自身のこと、子どものこと、今日一日を共に過ごし、お喋りすることで、身近に住んでいる人と知り合うきっかけになります。同じ地域に住んでいる人との出会いは、地域に繋がり生活していくときの支えになりますね。

みんなでのご挨拶からスタート
みんなでのご挨拶からスタート
みんなでのご挨拶からスタート
みんなでのご挨拶からスタート

お子さんの好きなこと、苦手なこと、注意点などをクルーが把握するためにも、参加される親子へのヒアリングも行います。
arTeaTreaTでは、参加される親子とのコミュニケーションも大切にしています。

今回は聴覚にハンディを持つお子さんが参加してくださいました!

カラーセラピー

本日はトリートセクションが中心です。
今回も親子でのカラーセラピーを実施しました。

親子でのカラーセラピー
親子でのカラーセラピー
親子でのカラーセラピー
親子でのカラーセラピー

顕在意識と、潜在意識。
親子それぞれが感じている今の自分を読み解きます。
自分はいつもどんなことを考えているのかな?子どもに対してどんな思いがあるんだろうか?
子どもが選んだボトルのメッセージから見えてくること…親子で一緒に見てもらうことでわかることがたくさんあります。

お互い不安や普段の暮らしの中では見えていないお互いを思う気持ち。
クルー石山のカラーセラピーとを通して、親子の絆が強くなる時間になればと思います。

シルクスクリーンの体験もできます
シルクスクリーンの体験もできます
シルクスクリーンの体験もできます

そして、カラーセラピーを実施している間はクルーも参加者も一緒に遊んだり、情報交換などを楽しみました。

子どもを囲んでいろんなお話ができました
子どもを囲んでいろんなお話ができました
子どもを囲んでいろんなお話ができました
子どもを囲んでいろんなお話ができました
子どもを囲んでいろんなお話ができました
子どもを囲んでいろんなお話ができました

参加者同士の交流

時間を追うごとに、参加したみんなが打ち解け始めます。
子どもは自由に遊びまわり、同じハンディを持った親同士の情報交換や、今までで会うことがなかった方との出会いから会話が弾みます。

みんなで食事をして心も体もリラックス

今回のイートセクションでは、赤木商店さんにお弁当をお願いをしました。

みんなでテーブルを囲んでランチ会
みんなでテーブルを囲んでランチ会
みんなでテーブルを囲んでランチ会
みんなでテーブルを囲んでランチ会
みんなでテーブルを囲んでランチ会
みんなでテーブルを囲んでランチ会

トリートで心をほぐした後に、食事で体もリラックス。
一つに並べたテーブルをみんなで囲んで、和気あいあいお昼を食べました。
子どもたちは、走り回ったり、お絵かきを楽しみました。

食事の後はリラックスした雰囲気でお話会
食事の後はリラックスした雰囲気でお話会
食事の後はリラックスした雰囲気でお話会
食事の後はリラックスした雰囲気でお話会
食事の後はリラックスした雰囲気でお話会
食事の後はリラックスした雰囲気でお話会
食事の後はリラックスした雰囲気でお話会

次回10月27日(日)
カラーセラピー・はぐもみ&ランチ会 場所:ULALA 10:30 ~ 13:00