【マザラジオvol.4】スヌーズレンのお話(橋本敦子さん)

2021年 10月20日

世田谷を中心に障害やハンディのあるお子さんとその親のためのコミュニティ活動をしているアートイートリートのポッドキャスト。
第4回は橋本敦子さん。映像や光、音楽などのメディアを用いて子どもたちの学習やコミュニケーションを促進させる環境をつくることを仕事にしている橋本さん。ご専門は「スヌーズレン」の環境づくりと特別な支援や幼児を対象にしたデジタルコンテンツ制作です。
オランダ語の「スヌッフレン(クンクン匂いをかぐ)」と「ドウーズレン(うとうとする)」を合わせた「スヌーズレン」は、心地よい光や音などの感覚刺激を受けることができる部屋・環境の中で、障害のある人たちが心と身体をリラックスしたり、活性化したりするための、リクリエーションであり療育でもあるアクティビティです。
「スヌーズレン」について、そして橋本さんの創作についてのお話を伺いました。

レポートに戻る